多くの住宅部材の中で、木は居住する人にとって最も優しい部材であるということに異論を挟む人はほとんどいないと思います。しかしながら、私達はその大切な資源を拠出してくれている日本の山林の近未来に、大変な不安を抱いております。地球温暖化防止対策として、日本は二酸化炭素などの温室効果ガスを25%削減することを表明しております。その中で3.9%は森林が吸収する分として認められていますが、その大事な森林の崩壊が始まってきております。木材価格の激しい下落に加え、林業従事者の著しい高齢化により、山林保全の上で大事な下草刈や、間伐作業に手が回らず放置されっぱなしの山が増え続けています。白神山地のブナ、屋久島の屋久杉、長野県の木曾桧といった天然木や原生林は保護林で伐採禁止の方向ですが、戦後の植林木である人工林は、植林→下草刈→枝打ち→間伐→育林→伐採→植林というサイクルで、管理保護には人手が絶対必要な森林です。間伐をして等価を得てその資金を育林に充当したくても、捨てておいた方が損をしないというような木材価格の激しい下落ではなんとも仕様がありません。
昨今の動物による被害の増加も里山の崩壊が大きな原因と考えますそこで私共は国産材をふんだんに使った建築や木工品をアピールすることで、微力で間接的ながらも山林復興に貢献できるのではないか、と考えて行動してまいります。
夫々の土地の気候風土になじんだ地元産の木材を使うことこそが、貴重な財産である建物を長持ちさせる秘訣であると、古来言われ続けています。世界中の森林を食い荒らし続けるようなおろかなことに、そろそろ歯止めをかけて、もっと国産材を一杯使った住宅を建てること、もっとたくさん木製の道具を使うことで、必ずや日本の山は元気を取り戻し、ひいては世界中の森林が活力を取り戻し、地球温暖化ガスを目一杯吸い込んでこのすばらしい惑星を後世に残してくれると、私共は信じて疑いません。
株式会社 木力屋辻本

商号
: 株式会社木力屋辻本(キリョクヤツジモト)
設立
: 平成18年8月1日
業務内容
1.木材加工品等の製造及び販売
2.各種木マスの製造及び販売
3.社寺仏閣用木製品加工及び販売
4.前各号に付帯または関連する一切の業務
SGEC『緑の循環』認証会議会員の山林から適法に伐採した木を使用しております
所在地
: [ 本 社 ]
〒509-1431岐阜県加茂郡白川町黒川3001番地
Tel 0574-77-1069  Fax 0574-80-0059
HP 090-2686-1931
E-mail kiryokuya-t@wave.plala.or.jp

: [ 工 場 ]
〒509-1431岐阜県加茂郡白川町黒川4187番地
主要取扱品目
[社寺仏閣用品]
木札各種、絵馬各種、御守品各種等
[木枡各種]
使用材: 国産杉、桧、輸入スプルース材
二勺・五勺・八勺・一合・丸枡
三合・五合・一升・他特注枡
持ち帰り用袋、紙箱
[各種木材加工品]
木製什器各種・化粧木箱各種・鏡開き用木槌各種・立て札・木製柄杓
レーザー彫刻(パーティー席札お名前彫刻等)
印刷(シルク印刷、インクジェット印刷)
焼き印等